借地権に関する疑問

借地権に関するちょっとした疑問を抱く方は少なくありません。借地を更地にした場合はどうなるかは疑問のひとつになるでしょう。地主の了承は必要になるものの、更地にすることは可能です。建物が滅失した場合としては、建物を特定できる事項を記載した掲示の設置が肝心となります。これは第三者に対抗できなくなるからです。建物を賃貸に出すことも可能であり、地主の了承を得られればプレハブを建てることもできます。地代を滞納している場合は退去の通知が来るため、地主あるいは代理人の方との話し合いをした方がよいでしょう。増改築をするときには地主の了承が必要です。工事内容を伝えて行うようにすれば、トラブルを防げるでしょう。

トラブル借地権を相続する場合は法定相続人が多いとトラブルになることは多くなります。相続人それぞれに考えがあるからこそ、単独での相続をするのがトラブル回避のコツになるでしょう。相続する前に売却するのなら、遺産分割や相続の申告などの手間が省けて現金として残るため、トラブルは少なくなるものです。

このように借地権に関してのちょっとした疑問がある方もいるでしょう。トラブルになってから対応するのではなく、トラブルになる前に対応するのが望ましいです。

Writen by admin