借地権と法改正

借地権建物と土地についての賃貸借契約の規定である借地権は賃貸人にとって不利といえるだけの理由があります。賃貸人に地主は対して立場が弱いとともに、経済的にも不利になることがひとつの問題でした。旧借地借家法が改正されて借地借家法が生まれました。平成4年8月より施行され、地主がその土地を取り戻すのに不利益を被ることは少なくなったのが大きいです。地主からすれば、更新や契約が切れている場合に立ち退いてもらってさらに利益を生む人に貸したいと考える場合もあるでしょう。借地人を守るための要素が強かった旧借地借家法から契約期間を定めた借地借家法が制定された意味は大きいです。地主が安心して借地を設定したうえで土地を貸すことができます。

注意しないといけないのは新法が施工されたものの、必ず新法が適用されるわけではありません。平成4年8月1日以降に契約した借地権が適用されるものです。旧法借地権で契約を行っているのなら、土地主に対して土地の返却を強制することはできず、新法での契約の場合は契約期間満了時に更地にしたうえで土地を返却しないといけません。契約期間中であれば、地主は立退料を支払わないといけません。賃貸人にとって有利となるのか、借家人や借地人にとって有利になるのかといった違いがあるのは分かるでしょう。

借地権について把握しておかないといけないことは少なくありません。これは賃貸人であっても借家人や借地人であっても同様です。借地権について正しい知識を得ることが自分を守ることにもつながっていきます。

Writen by admin